業者に足元を見られないように、売却前に中古車情報や車種情報を調べておきましょう。

クラシックカー売却時の注意点

 

クラシックカーを購入する時は、プレミアム価格が上乗せされて高い価格設定になっていますが、売る時は簡単に高く売れる訳ではありません。
なかには、クラシックカーとしての価値が分からず、古い車という事を理由に業者に査定を依頼したけど、値段を付けてもらえず廃車にしてしまったトラブル事例もあります。

 

ここではクラシックカーを売却する時の注意点を紹介します。

 

 

有名ショップの利用履歴があると強い

悩む女性

クラシックカーは車の状態が大きく値段に影響を与えます。
修理費用が高い事から、売却時に故障がなくても、「修理代を払えなくなったから売るのではないか?」と疑われる事や、高めの整備費用を見積もられて査定価格を提示される場合があります。

 

また、クラシックカーは年式やその当時の塗料の品質が悪い事から、青空駐車など屋外に出している時間が長いと、ボンネットや屋根の塗装がすぐに剥がれたり、色あせてしまいます。
高年式の車の場合、屋根を塗ると「修復車扱い」になり査定の減点になりますが、クラシックカーの場合、実績があるショップにレストア板金を依頼した実績があれば売る時に有利になります。

 

このように、クラシックカーを高く売るには、現在進行形で調子が良い場合でも、いまの状態を維持してきた、その過程やショップの入庫履歴も重要になってきます。

 

 

クラシックカーの専門知識がある人に査定してもらう

クラシックカーは状態の見極めなど、高年式の車とは違った査定の専門知識がいります。
クラシックカーに詳しくない査定士や業者に依頼した場合、中古車のオークション取引価格などの相場情報は分かっても、必要な修理費用や、加点になる修理実績などの見極めができないと、安全策で極端に低い価格を提示します。
業者にクラシックカーを売却する時は、全国チェーンの大手よりも、クラシックカーの専門知識がある業者を選ぶとよいでしょう。

 

 

足元を見られないように、自分自身でも勉強する

大衆車の場合は、業者の評判やネットで簡単な相場情報を調べる事ができます。そのため、相場よりも極端に安い査定を提示する悪徳業者は少なくなってきました。
それに対して車種ごとに希少性があるクラシックカーは、ネットで売却価格を調べても簡単に求めている情報が出てきません。
そのため、適正価格の査定ができるプロでも、売却者の知識が乏しいと判断すると、相場よりも安い価格を提示してくる場合があります。

 

業者に足元を見られないように、売る前に中古車情報や車種情報を調べるなど勉強しましょう。
あとは、ウソでもいいので「クラシックカー専門業者で他にも相談している所がある」と伝えると、査定員が本気になって金額提示をしてもらえます。