トヨタ2000GTなどオークションで高値で落札されたモデルもあるのが1960年代です。

【1960年代】国産クラシックカー

トヨタ

トヨタの2000GT

トヨタの2000GTは1960年代に展開されたモデルといっていいでしょう。
正確には1967年~1970年まで製造されており、ヤマハ発動機と共同開発した2ドアクーペです。
生産台数もあまり多くなかったこと広告塔的な存在だったこともあり、市場での価値は後々高騰することにもなります。

 

クラシックカーのオークションではなんと116万ドル(1億2000万円)で落札され、日本車として新記録を樹立しました。
クラシックカーの中でもトヨタの2000GTの存在は伝説的になっています。

 

 

スポーツ800

小型スポーツカーは1960年代に展開されていて、ヨタハチという愛称で親しまれたスポーツ800というモデルがあります。
空冷水平対向2気筒の790ccエンジンを搭載させています。

 

スポーツ800

スタイリングも空気抵抗を研究したもので、小型で丸みのある形ながら個性の強い存在感を放っています。現代のSUVにも精通するモノコック構造を採用するなど、非常に挑戦的なモデルともいえます。

 

カーセンサーの方でも中古の取引きはあるようです。
取引価格は200万円台~300万円台といったところです。

 

 

 

ホンダ

S800

ホンダのクラシックカーについても触れておきましょう。
トヨタ2000GT、日産のフェアレディZはクラシックカーの典型例ですが、ホンダのスポーツカーにもクラシックカーと呼ばれるものがあり、それが「S800」です

 

S800とは、小型のクーペで791ccで1966年~1970年まで製造されました。
スタイリングはとてもホンダらしい見た目で、現在発売されている人気の軽シリーズN-ONEのようなフロントマスクをしています。
ただ、現在では中古の流通量が少ないようです。

 

 

 

マツダ

1967年に発売されたマツダのコスモスポーツというクルマもあります。

 

この初代のモデルは1967年~1972年まで発売され、1.0Lエンジンを搭載させました。
小型の2ドアクーペでありながら全長は長く4140mmにも到達します。

 

実用できる量産型のロータリーエンジンは世界初の取り組みであったことは見逃せません。
現在の中古の流通量は少ないので入手しずらいモデルとなっています。

 

 

<1970年代の国産クラシックカーはこちら。>